雨に傘は人世にも通じる

人間は育てられる過程でも、一人歩きができ雨が降れば傘をさす。それは行動の自由が時には大きく制約されますが、仕方が有りません。
 人間は本質的に自己中心的であり、身勝手で有ります。それが目に見えない争いの雨です。傘を差さなければ命が危うい時もありますね。
 人間こは争い除けの傘でしょうか、でも、しぶきは避けられない。これは我慢忍耐、気概の傘です。 「傘持たず 幸せ人生 保てない」 始末に悪いが発展も凄い。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック