女は守ってくれる男と

 女は守ってくれる男と結婚しよう。そして男の力を削ぐことをせず支えるが守りたくなる女房だ。
 守るが当り前の男だと思うは不幸な女。支えれば妻子を守り通せる、頼もしい男に成ります。
 これで一人前の夫婦となり、今日まで人類は継続してきた。この道理を身に付け幸せ人生よ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック