「ご遺体」涙を流し包む

 宮城県名取市で、陸上自衛隊の捜査活動に同行した、新聞記者。「一刻も早く家族の元へ」
 その一念で五百人の若い隊員は手を動かし続ける。屋根や鉄くずを重機引きはがし、その下
 を手作業で「ご遺体発見」。子供を抱えた若い母親、若い男女が女性をかばうように折り重な
 っていた。母子を毛布でくるんだ時、隊員はむせび泣きをこらえることができなかったそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック