強い国家が守る側に回る世紀

 人類は核弾頭を一万五千先発も持ち地球上の生物を数知れず滅ぼす凄さ。
因って、大国が強い国家となり守る側に立たねば、平和などは成り立たない。
 また、弱小国家も完全独立をし、難民など他国に負担を掛ける不覚をせず。
守りと支えはセット、守る心あれば支える心です。平和とは守り支えで仲の良し。強き者弱きを侵し平和なし?。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック