腹の立たない人生は有りません

 一生の内で数え切れぬほどに腹の立つことは有り、延べにすれば毎日かと。
されど、皆さんはほとんど馴れ合いの辛抱で許し合いながら生活しています。
 しかし、我慢できない物事も有りますので、切れて殺人は人生の終焉と思う。
因って、怒りを堪えて善処すれば素晴らしく、何事も無事平穏に切り抜ける。 成らぬ堪忍するが堪忍で順風満帆?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック