人類で喜怒哀楽は絶対に避けられぬ

 喜怒哀楽は人に生れては絶対に避けられません。これは宿命で有ります。
喜楽は誰でも努力次第の果報ですが、怒哀とは腹立ちや同情が応報です。
 行動が不正で有れば、怒り哀れを身に受けて、怒りと哀れは二重の不正であり。行動を正す以外に道はなし。鋭意努力のみ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック